家づくりの不安をなくす価格提案

家づくりは初めての方が多く、お金の不安を感じている方が多いのです。
大手ハウスメーカーで提案された見積りを見ると、最初は「買える」と思ってた家が、最低限必要な設備や希望を言うと、どんどん高くなってしまいます。ちょっとした仕様変更なのに、お金がかかってしまう場合もあるんです。それだけでははりません。「諸経費」や「設備費」など他にもかかる費用がかさんでしまい、最終的には「買えない家」になってしまいます。夢が破れた残念な気持ちになって、悲しくなりますよね。

弊社では、お金の不安を無くすために、最初に資金計画を通し「自分の建てられる家」をご理解いただいています。そのうえで「本体価格」に加えて「設計費」「諸経費」「(内容を明確にした、暮らすための)設備費」を含めた「明快な家づくりの費用」を価格提案します。

ベース本体価格
30坪 3LDK
1,500 万円
※照明込み

設計費
200 万円

諸経費
200 万円
・登記費用
・各種手続き費用

暮らす設備費
100 万円
・エアコン2台
・暖房機器

家づくりの諸費用をまとめた
ワンプライス価格

30坪 3LDK2000 万円(税別)

POINT

知っていただきたい、他にかかる費用をお話します。
建築予定地がわからない場合は、総合費用のお見積りができないのです。

家づくりの費用で、見える範囲を2000 万円のワンプライスでご提案できますが、以下の5 点は土地の情報がわからないと、総合費用のお見積りができないのです。
また、この概算を考えずプランニングすると「お金が足りない」という状況になってしまいます。外構工事がされていないお宅は、総合費用を含めない不親切なプランニングをされたケースかもしれません。
弊社では、「微気候(びきこう)」という家の周りの環境(庭)も考えたコンセプト提案と丁寧な金額提示でプランニング致しますのでご安心ください。

建築予定地がわかってお見積りできる5つの項目とは

地盤改良費(検査費込み)5 ~ 150万円

地盤改良は建築予定地の地盤調査結果によって大きく変わります。地盤改良が必要か不要か。必要ならどのような地質か。地質によって、ど のような工事にするか・・・そのため、土地の調査後にお見積りをさせて いただいています。また費用ですが、地盤調査費用と地盤改良工事費用がかかります。30 坪ぐらいを目安に、地盤の強い地域では地質表層改良で30 ~ 50 万円 位。地盤の弱い地域では、柱状改良で50 ~ 90 万円位。鋼管杭改良は90 ~ 140 万円程位かかります。地盤調査は、その土地の購入後に検査をして、ようやく地盤の状態がわか るのも知っておきましょう。

上下水道本管取出し工事費 50 万~ 110 万円

水道本管取出し工事は、道路から上水道と下水道を敷地内へ引き込む費用 です。敷地状況により費用がかかる場合と、かからない場合があります。 元々家が建っており、引込がされている場合には必要ない場合もあります。 水道本管取出し工事に関しては、各市町村ごとに費用が異なりますので事前の調査が必要です。概算費用は50 万円~ 110 万円をお考えください。

屋外給排水工事費(加入金別) 50 万~ 90 万円

屋外給排水工事費は、家の外の配管工事の費用です。本管がある道路からの距離や水回りの設備機器の個数によっても変動します。概算では50 万円~ 90 万円位をお考ください。そのほかに市町村ごとに水道加入金がかかります。おおよそ10 万円~ 20 万円位です。

ガス管引込工事費 20 万~ 50 万円

都市ガスのガス管が引込されていなければその引込費用も必要です。 ガスの種類や、敷地の状況にもよりますが20 万円~ 50 万円位をお考えください。プロパンガスの場合は、5 万円~ 10 万円位をお考えください。

外構工事費(駐車場2 台) 100 万~ 300 万円

外構工事は、敷地面積・エクステリア・ガーデニング等の庭造りによって金額は大きく変化します。シンプルな最低限の外構概算ですが、100 万円~ 150 万円をお考えください。門や塀がないオープンタイプで駐車場は2台までの広さです。低コストで開放的な外構ですが、防犯の点から考えるとリスクは高くなります。逆に、門や塀などで建物を完全に囲みカーポートなどフル装備にすると300 万円以上かかる場合もありますが、安全性が上がり素敵な外構に仕上がります。