山の木
建物の性能

地域環境住宅の設計・施工 ~次世代の住宅思想~

地域環境住宅「ひきいるハウス」とは?

埼玉県の比企・入間地域は、都心に近くありながら、自然が数多く残り、清流、里山も身近にあります。
この地域環境が持つ気候、風土、歴史と文化などを探求・把握し、地域の自然エネルギーを積極的に取り入れた、地域に調和し住宅です。自然エネルギーは、木質バイオマスペレット(ペレットストーブの紹介)、太陽エネルギー、メタンガス等を活用します。

●モデル住宅「ひきいるハウス」紹介ページ

●持続可能な社会づくり

木質バイオマスペレット、太陽光発電、メタンガス、天水等、自然エネルギーの積極利用により、環境負荷を抑え、循環型の持続可能なライフスタイルの実現をめざします。

●地域環境との調和

地域環境が持つ気候、風土、自然エネルギーや歴史と文化などを探求・把握して、地域に調和した、地域ならではの住宅づくりを行う。

●地産地消の住まいづくり

地域内で算出する木材や天然素材、伝統産業や伝統技能を活かした住宅づくりを行う。

●安全性・健康性・快適性・デザイン性の追求

住宅の安全性・健康性・快適性・デザイン性を追求し、個々の住み手のライフスタイルに合った住宅づくりを行う。

●データの共有化、地域型住宅の情報交流促進

以上の活動を通じて、コミュニティづくりや住宅づくりの手法を標準化し、広く公開することにより、他の地域との情報交流を促進し、共有化を図る。


株式会社山の木・ひきいるハウス