ローコストで家を建てる

 時間をデザインする設計

家を建てる前に一度考えてみて欲しいこと。

 

家を建てる時には「ローコストの家がいい。」 しかも「高性能の家が欲しい。」と思いますよね。

 ローコストのコストとは、購入するあるいは、建てる時の金額ではないですか? 高性能な家とは、性能の高い設備機器を使った住宅ではないですか?

 

そこで、よく考えてみてください。

 

住み続けていく時のコストは、含まれていますか?  高性能機器が、壊れたら?性能を維持していくためには、いくらかかるのかを。

 

例えば、今はやりのゼロエネルギー住宅は、高性能な設備機械によって、ゼロエネルギーにしているのであって、実は、時間と共に、機器は、劣化し、故障したり、交換、廃棄が必要になります。

その時にいくらかかるのか?

 

そのことは、住宅メーカーやビルダー側の供給する業者は、分かっていますが、言わないのです。

リフォームしなければ、住み続けることができないのが、今の高性能な家。

 

例えば、性能を発揮し続けるために、外壁一つとっても、サイディングは、目地の補修が5~10年後、15年経てば、張り替えが必要になります。

張替工事は、足場工事を含めて、500万円ほど必要になります。設備機器の修理、交換、廃棄などを含めて、30年間住み続けるには、1,000万円ほどかかります。そこで、寿命を迎えれば、解体、撤去費用も上乗せされます。

 

住まいのライフサイクル(一生)を考えた時のコスト それは、建設から入居後の維持管理、そして廃棄までのコストです。

ライフサイクルコストで、比較してみてください。

 

30年間のコストと100年住み続けられるコスト

 

住み続けていく時間を考えた設計、デザインをすることによって、本当のローコストが実現できると思います。

 

株式会社山の木一級建築士事務所では、トータルなライフサイクルコストを考えた上て、 時間の経過を含めたデザインをしています。

 

一緒にトータルなライフサイクルコストを考えた家づくりをしませんか。

 

ぜひ、モデルハウスに来て体験してみてください。

 

 

設計力に自信あり

無料相談はコチラから→

お問い合わせは年中無休

☎︎ 0493-81-4822

受付時間  10:00~17:00

株式会社 山の木一級建築士事務所

〒355-0006 埼玉県東松山市市ノ川50-1

☎︎ 0493-81-4822 年中無休(10:00~17:00)

Copyright © yamanoki All rights reserved.

ローコストで家を建てる

 時間をデザインする設計

家を建てる前に一度考えてみて欲しいこと。

 

家を建てる時にはローコストの家がいい。しかも高性能の家が欲しい。

と思いますよね。

 

ローコストのコストとは、購入するあるいは、建てる時の金額ではないですか? 高性能な家とは、性能の高い設備機器を使った住宅ではないですか?

 

そこで、よく考えてみてください。

 

住み続けていく時のコストは、含まれていますか?

 高性能機器が、壊れたら?性能を維持していくためには、いくらかかるのかを。

 

例えば、今はやりのゼロエネルギー住宅は、高性能な設備機械によって、ゼロエネルギーにしているのであって、実は、時間と共に、機器は、劣化し、故障したり、交換、廃棄が必要になります。

その時にいくらかかるのか?

 

そのことは、住宅メーカーやビルダー側の供給する業者は、分かっていますが、言わないのです。

ローコストで家を建てる

時間をデザインする設計

家を建てる前に一度考えてみて欲しいこと。

 

家を建てる時にはローコストの家がいい。しかも高性能の家が欲しい。

と思いますよね。

 

ローコストのコストとは、購入するあるいは、建てる時の金額ではないですか? 高性能な家とは、性能の高い設備機器を使った住宅ではないですか?

 

そこで、よく考えてみてください。

 

住み続けていく時のコストは、含まれていますか?

 高性能機器が、壊れたら?性能を維持していくためには、いくらかかるのかを。

 

例えば、今はやりのゼロエネルギー住宅は、高性能な設備機械によって、ゼロエネルギーにしているのであって、実は、時間と共に、機器は、劣化し、故障したり、交換、廃棄が必要になります。

その時にいくらかかるのか?

 

そのことは、住宅メーカーやビルダー側の供給する業者は、分かっていますが、言わないのです。

リフォームしなければ、住み続けることができないのが、今の高性能な家。

 

例えば、性能を発揮し続けるために、外壁一つとっても、サイディングは、目地の補修が5~10年後、15年経てば、張り替えが必要になります。張替工事は、足場工事を含めて、500万円ほど必要になります。設備機器の修理、交換、廃棄などを含めて、30年間住み続けるには、1,000万円ほどかかります。

そこで、寿命を迎えれば、解体、撤去費用も上乗せされます。

 

住まいのライフサイクル(一生)を考えた時のコスト それは、建設から入居後の維持管理、そして廃棄までのコストです。

ライフサイクルコストで、比較してみてください。

 

30年間のコストと100年住み続けられるコスト

 

住み続けていく時間を考えた設計、デザインをすることによって、本当のローコストが実現できると思います。

 

株式会社山の木一級建築士事務所では、トータルなライフサイクルコストを考えた上て、 時間の経過を含めたデザインをしています。

 

一緒にトータルなライフサイクルコストを考えた家づくりをしませんか。

 

ぜひ、モデルハウスに来て体験してみてください。