住宅展示場 "ひきいるハウス"の紹介

「ひきいるハウス」は、埼玉県の比企・入間地域の特性を活かした"環境に調和"した住宅です。

埼玉県の比企・入間地域は、都心に近くありながら、自然が豊かで、清流、里山も身近にたくさんあります。

この地域の気候、風土、歴史と文化などを探求・把握し、地域の自然エネルギーを積極的に取り入れた、地域環境に調和した住宅です。

地域産の木材を100%使用、地域産手漉き和紙を壁、建具、照明に活用、また地域産木質バイオマスペレットを暖房に活用しました。しかも構造計算を行い高耐震性、高断熱化を実現。吸放湿性の高いコンパクトながら高性能な家です。

 

 

 

 

「ひきいるハウス」の特徴

 □ 地域(地元)の木材を100%使用

 □ 地域の高い技能者(職人・工事者)を活用

 □ 耐震性・耐久性を追及した設計

 □ 健康で快適な空間設計

 □ 省エネルギーの追求

 □ 低コストの実現

 

 

設計「構造計算」で耐震性の確保。

・構造計算に基づく構造設計

木造住宅であっても、構造設計者が、構造計算を行います。

荷重や地震力、風圧力の解析を行い、部材の寸法の断面寸法や、接合方法を検討し、耐震性、耐久性の高い設計を行います。

 

・高い耐震性能

余裕のある構造設計に基づき、太い(12cm角以上)の柱や梁など骨太な伝統的な骨組みに強い耐力壁を追加し、地震や風圧力に強いハイブリットな構造をつくります。

 

 

 

ライフスタイルの提案 "消費型生活"から”循環型生活”へ

 

今注目される“環境共生型”の循環生活について

 

 私たちは、今までの消費型のライフスタイルを循環型へ見直す時期に来ているのではないでしょうか。

 建築資材も安価な外国産材や化学薬品にさらされた建材が大量に利用され、"シックハウス症候群"の増加や短期間での大量廃棄など環境問題になりつつあります。

「ひきいるハウス」では、地域で産出する木材や素材、地域の人材、地域のエネルギーを活用すること、そして長く住み続けられる長寿命の住宅をつくる事で、地域の自然環境と共生する住宅をつくり、循環型のライフスタイルの実現をめざしています。

 電気やガスのエネルギー利用に於いても、現在重要な問題になっています。

将来的な電気やガスの資源の枯渇、大気中の二酸化炭素の増加など環境問題を考え、現在のような電気やガス、石油に頼らない、地域での自然エネルギーの活用と自給自足が求められています。

 住まいにおいても、出来るだけエネルギーの自給自足をめざし、地域との連携を図りながら、「ひきいるハウス」は、できることを進めています。

それは、太陽光発電、太陽熱、地熱や雨水の利用、木質バイオマスエネルギーの活用を進めています。

 

 

「ひきいるハウス」のライフスタイル

 

・水、食物、エネルギーは、地域でつくり出し、循環させるライフスタイル。

・モノを買い豊かさを感じる「消費生活」から、地域のモノを大切に使い、「循環させるライフスタイル」へ。

・廃棄物の多い「ハイ・エネルギー生活」から、廃棄物の少ない「ロー・エネルギー生活」のライフスタイル。

・廃棄物は、出来るだけ地域で使い切るライフスタイル。

・農業を大切にし、食の自給を中心とした自立型循環ライフスタイル。

・大災害が起こっても助け合いながら生き延びられる、ライフスタイル。

・地域内で、「住宅」の地産・地消をめざしています。

・食べ物は、農業を推進し、家庭菜園の指導を行い、自給生活のアップをめざしています。

・地域の農家や食品製造業者、商店などを繋ぎ、地域での食の自給をめざします。

・地域で循環生活に必要な人材を発掘し、繋ぎ、新たな地域循環人の豊かなコミュニティをめざしています。

・地域の文化的魅力を数多く発掘し、地域自慢ライフを豊かにすることをめざしています。

・災害時の水、食物、エネルギーの確保により、地域安全保障の確立をめざしてます。

 

 

 

お問い合わせは年中無休

☎︎ 0493-81-4822

受付時間  10:00~17:00

株式会社 山の木一級建築士事務所

〒355-0006 埼玉県東松山市市ノ川50-1

☎︎ 0493-81-4822 年中無休(10:00~17:00)

Copyright © yamanoki All rights reserved.