HappyEnergy(株)の西本さんの思いやり経済システムは、凄い。

今年も3月11日を迎えました。

東松山市の環境基本計画市民推進委員会の環境学習会に参加しました。

今回は、HappyEnergy(株)の最高執行責任者の西本良行さんを講師に迎え、

「思いやり経済システム

〜電力会社のサードウェーブ〜」のテーマの講演会を開催しました。

西本さんは、2016年の電力小売り自由化を受けて、小さな電力会社をつくり、その収益の50%を社会還元する仕組みを生み出しました。

仕入れる電力会社は、再生可能エネルギーを積極的に使い、市民エネルギー発電を買い取っている

会社です。

さらに、小水力発電を中心とした発電所まで自前で、作っている。

生み出した資金を、さまざまなソーシャルアクション(社会問題を解決する活動)に当てている。

例えば、子ども食堂、子育てママのヘアサロン、シングルマザーのマネー講座などなど。

西本さんは、隙間から、お金を生み出し、巡らせるノウハウを駆使して、ソーシャルアクションを次々と行い、さまざまなコミュニティを作り出している。

西本さん電力会社をつくるのは、いたって簡単」と言う。

私たちのこれからの活躍に、とても参考になる出会いに、嬉しくなりました。

まちカフェのリノベーション進行中。

コミュニティカフェ「まちカフェ」は、

東松山駅近く、ぼたん通り商店街の

「松山フォトサービス 」内に、移転が決まり、

リノベーション工事をしています。

店内を約半分に間仕切りし、客席として、

以前の事務所スペースをキッチンと廊下に変える

設計です。

そのため、間仕切りをし、キッチンの内部は、全て不燃材で、覆いました。

客席スペースのイメージ図です。

正面のドアの奥にキッチンがあります。

4月のオープンに向けて、工事は追い込みです。

「とき森なりわい塾」を楽しみました。

「とき森なりわい塾」は、参加者の協力により、雑木の森の手入れが終わりました。

天気に恵まれ、初夏のような日差しでした。

伐採した木々や、枝は、チッパーと言う機械で、粉砕され、堆肥として、集めました。

3時のおやつには、伊得さんのシフォンケーキ。

贅沢過ぎます。

伊得さんのシフォンケーキは、嵐山、ときがわ、東松山の直売所でも販売していて、大好評です。

「とき森なりわい塾」は、美味しいご飯、デザートつきで、堪能できます。

興味のある方は、ぜひご参加ください。

次回の森のお手入れは、4月7日の予定です。

「とき森なりわい塾」に参加しています。

A-WASSの「とき森なりわい塾」に、参加しています。

昨日は、「手すき和紙たにの」の手漉き和紙の見学や楮(こうぞ)畑の見学、かしき体験など、盛りだくさんでした。

本日は、ときがわ町の町有林の整備です。

雑木の森を下草刈りや枝払い、間伐作業です。

枝や小木をチッパーで粉砕し、堆肥づくりをします。

お昼は、地元の郷土料理、「ずり上げうどん」。

茹でた麺に、手作り味噌や柚子胡椒、ネギ、花かつお、ごま、ごま油などをトッピング。

「うまい」の一言。

少し疲れた身体に染み渡ります。

まちカフェ、リニューアル工事、始まりました。

東松山市のコミュニティカフェ、まちカフェの内装工事が、始まりました。

東松山駅近く、ぼたん通り商店街の埼玉りそな銀行の隣にあった「まちカフェ」は、りそな銀行の建て替えに伴い、昨年11月初旬に、閉店しました。

移転先を探していましたが、タイミングよく、近隣の「松山フォトサービス」の星野さんご夫妻のご支援があり、松山フォトサービス店内に、移転し、リニューアルオープンすることになりました。

広い店内の半分ほどを間仕切りし、厨房を設け、客席をつくる設計をする行いました。

店内の仕上げは、そのまま活かし、カメラのショーケースを活かしたインテリアです。

店内の片付けが終わり、今月より、リニューアル部分の解体工事が、始まりました。

そして、間仕切り工事が、いよいよ始まりました。

大工工事は、以前のまちカフェもつくってくれた、ときがわ町の番匠屋が、担当します。

まちカフェのリニューアル工事が、始まりました。

東松山市のコミュニティカフェ、まちカフェの内装工事が、始まりました。

東松山駅近く、ぼたん通り商店街の埼玉りそな銀行の隣にあった「まちカフェ」は、りそな銀行の建て替えに伴い、昨年11月初旬に、閉店しました。

移転先を探していましたが、タイミングよく、近隣の「松山フォトサービス」の星野さんご夫妻のご支援があり、松山フォトサービス店内に、移転し、リニューアルオープンすることになりました。

広い店内の半分ほどを間仕切りし、厨房を設け、客席をつくる設計を行いました。

店内の片付けが終わり、今月より、リニューアル部分の解体工事が、始まりました。

そして、間仕切り工事が、いよいよ始まりました。

以前のまちカフェは、内外装は、杉材を張り、

木質感を醸し出していましたが、今回は、予算の都合で、構造用の合板を仕上げにも使う工夫をしました。

ヘルシーカフェのらに行ってきました。

さいたま市にある、コミュニティカフェ、「ヘルシーカフェのら 」さんに行ってきました。

店主の新井純子さんから、「ときたまが、なくなったから、近くに来た時に、持ってきて。」と連絡があったからです。

「ときたま」は、弊社、(株)山の木 一級建士事務所 で発行している、木材や自然素材、手仕事を大切にする地域通信です。

ランチに、豆腐ステーキプレートをいただきました。

濃くのある豆腐は、ボリューム感もあり、野菜中心のプレートなので、身体に染み渡ります。

新井さんとは、東松山市のコミュニティカフェ「まちカフェ」をつくる時に、いろいろと教えていただいたのが、縁です。

最新号の「ときたま」が、ヘルシーカフェのら の紹介をしているので、店内に置いてあると、すぐになくなってしまう、そうです。

雑木林のプレイパーク、車堀公園の整備

木の声が聞こえる住宅展示場、「ひきいるハウス 」の近くにある雑木林のプレイパーク、車堀公園。

車堀公園では、近隣の子どもたちと、自然観察をしたり、木登りをしたり、農業体験をしたりしています。

畑に、クマザサが生え茂り、人力では、抜根が出来なくなったため、

重機を入れて、抜根を始めました。

エコタウン住宅無料相談会をしました。

本日10時から、東松山市市民活動センターの2階会議にて、エコタウン住宅無料相談会を行いました。

相談内容は、北側のトイレや洗面室、浴室の寒さ対策。

2階の寝室の暑さ対策、耐震対策や雨漏りの不安、

床下の湿気対策など、多岐に渡ります。

家は、トータルな性能が、最低限必要だとつくづく感じました。

次回は、3月3日の予定です。

予約制なので、

ご希望がありましたら、東松山市役所 環境保全課 エコタウン推進室まで、申し込みください。

0493-23-2221(内線559